316LVM Surgical Stainless Steel / ASTM-F138
サージカル・ステンレス・スティール

アナトメタルのステンレス製品には全て[ 316LVM ]サージカル・ステンレス・スティールが使用されています。

この[ 316LVM ]とは、金属アレルギーの原因となるニッケル含有量が極めて低く、耐腐食性の最も高いグレードのステンレスを、製造の行程で大気中に於ける素材への不純物の混入や品質劣化を防ぐよう [真空溶解] した [低炭素] のステンレス・スティールである事を示します。

また、アナトメタルが使用する[ 316LVM ]ステンレスには、ASTM(米国材料試験協会)が定める [ F138 ] という規格に保証されます。 これは、ステンレススティールの中でも [生体移植レベル/インプラント・グレード] である事を示すもので、ステンレス製ボディ・ジュエリーとしては最もグレードが高く安全性を認められた品質といえます。

いわゆる医療用ステンレスとして区分されるステンレスにはいくつかのグレードがあり、その中には、生体適合性が著しく低く、金属アレルギー発症・拡大等の深刻なリスクに繋がるニッケルを非常に多く含んだものもあり、人体への装着には決して向いていない品質のものもあります。 つまり、ここで私達が心得ておきたい現状として、医療用(外科用)ステンレス/サージカル・ステンレス という表記は決してボディピアスとしての安全性を保証するものではないという事です。 

近年欧州国では、身体細胞と直接接触するボディ・ジュエリーによる深刻な体質変異(金属アレルギー等)の事例を受けて、ニッケル含有量に対する規制が厳しくなり、その認識は徐々に世界へと浸透しています。 アナトメタルは、ボディ・ジュエリー製造の分野で、どこよりも先駆けてこの ASTM 規格を取り入れたメーカーであり、A.P.P.(米国プロフェッショナル・ピアサーズ協会)を初め欧米諸国各メーカーからの信頼を得、ボディ・ジュエリー・ブランドとしての価値を確かなものとする背景には、こうした設立当初より貫かれるポリシーと、それを形に表した功績があります。

近代ピアス文化(身体装飾)を、より安全に、そしてより美しく楽しみたい私達にとって最も適した高品質なステンレス[ 316LVM Surgical Stainless Steel ] 。  アナトメタル・ジュエリーを代表するハイクオリティな素材です。



[ HOME ]


 - 214Co. WEB INDEX / TOP PAGE -

copyright(C) 2000-2009 214Co. Allright reserved.