タイタニアム & ナイオビアム

 近年耳にすることが多くなったタイタニアム(チタン)は種々の成分を合わせて造られた、耐アレルギー性に優れた非常に「丈夫で軽い」素材です。また、治癒段階に於ける皮膚細胞形成上での有効性が他の素材と異なり優秀という学術報告などからも、近年医療現場では生態移植に使用される素材がサージカル・ステンレスからタイタニアムに移行されている状況も多くあるようです。
 アナトメタルのタイタニアム・ジュエリー・ラインは、こうした生体移植現場でも活躍する[ 6AL4V-ELI]というグレードの素材によって製造されており、ASTM(米国材料試験協会)が定める規格[F-136]に保証された、ステンレス・スティール同様、 [生体移植レベル/インプラント・グレード] としての安全性を高く認められた確かな品質です。
 タイタニアムはアレルギー等の問題を抱えている方達にとって大変強い味方です。ステンレス・スティール等に比べ重量がかなり軽い為、ホールにかかる負担を軽減し、思うようになかなかホールが完治しない方や、ジュエリーの重さが原因とみられる状態不良(キーロイ/一般的にいわれる肉芽)などの改善処置的な働きにも大変有効的といえます。

また、タイタニアムは”Anodized” (アノダイズド)と呼ばれる陽極酸化処理によって、素材自体を様々な美しい色に変化させる事が可能です。メッキや着色といったものでは全くありませんので、そのカラーリングはとってもメタリックな奥行きのある輝きで、カラーコーディネートによっては様々な個性とセンスをジュエリー・スタイルに表現することができる大変素敵な素材です。
しかしこの酸化処理によって発色したタイタニアムは、体液や生活用品等の長期的な接触により微妙に色合いが変化していく事が多くあります。素材の性質上、人体に装着するボディ・ジュエリーとしてはその輝きを変化なく保つ事はなかなか難しいという一面を持ち合わせていますが、完治したホールはもちろんの事、ファースト・ジュエリーとして最も安心出来る素材がこの[6AL4V-ELI TITANIUM]です。

(硬度が極めて高い為に、口腔内や唇周辺のピアシングへの装着は、歯のエナメル層を傷付けてしまう事が懸念されますのであまりお薦めは致しません。)


Niobium ナイオビアム

 あまり聞き馴れない名称ですが、ナイオビアムは混ざり気の無い金属で、この素材で造られたジュエリーはタイタニアム同様金属アレルギー等の問題が心配な方にはとても安心出来る優秀なものです。
(よく似たもので[タンタラム]という素材がありますが混ざり物なので人体には決して向いていません。)  ナイオビアムもタイタニアムと同じ”Anodized/陽極酸化処理” によって、素材自体を様々な色に発色させることが可能で、[BLACK/ブラック]や[Opalescent/オパレッセント]といったタイタニアムには発色できないカラーリングも魅力のひとつです。  その性質はタイタニアムに似ているが、硬度の違いなどで加工段階に於いてビーズ/ボール部やリング/ポスト部など、同じアノダイズドで発色させるパートによってその使用される素材がタイタニアムと分けられます。
 ハードなイメージがつきやすいボディ・ジュエリーの雰囲気を、ポップなものからモダンなイメージまで、個性に合わせたカラー・コーディネートが幅広く楽しめる素材です。


□ タイタニアム、ナイオビアム共に陽極酸化処理(アノダイズド)は、全て手作業によってそれぞれの色合いに素材自体を変化させる処理なので、同じカラーでも製品によっては微妙なコントラストの違いが出る場合もございます。

□ タイタニアム、ナイオビアム共に水分がつくと色が変わって見える場合もありますが、水気がなくなり乾燥すると通常の色合いに戻ります。


[ HOME ]


 - 214Co. WEB INDEX / TOP PAGE -

copyright(C) 2000-2009 214Co. Allright reserved.